​土釜

1/8
 
土釜は、貞光川一宇渓谷を
代表する名所一つ。
青石と呼ばれる硬い
緑色片岩の岩層が、
長い歳月をかけて
川の流れに洗われ、
川の浸食作用で川底の
もろい岩屑が削られ、
また磨かれて大きくなったもので、
ホットポール(甌穴)とも呼ばれる。
幅2メートルほどの清流が
堰き止められて3段の滝になり、
高低差7メートルを落下する。
せまい釜の形をした滝つぼには
白波が渦巻き、
それが岩盤の底をえぐるようにして、
一の釜、二の釜、三の釜と連なって
水流が下り落ちる天然の水門は、
まさに圧倒される奇観。
滝の両岸には、かし、かえで、
もみじの古木が密生し、
薄暗い谷底に幽幻の気を漂わせている。
 
国道192号線江ノ脇交差点より、
11km(17分)
徳島道美馬ICより車で約30分
所在地 つるぎ町一宇字樫地110番地
 

つるぎ町産業経済課

TEL 0883-62-3114